さとうの日記

主に音楽、食べ物、日常をかくごくごく普通のOLの日記です

ドンジャラみたいだな


さてさて、先週の土曜の出来事でも記録しようかと。

占い信じる派ですか
信じない派ですか?

私はどっちでもない派です。
そもそも興味がなかった。この間まで。

たまーに、めざまし占いなんかみて
自分の星座が12位だったりすると、少し落ち込んだりするけど、家出た瞬間忘れるし、大体あの占いはAIなんかが、統計的に出してるもんだと思ってるからまず、1割ぐらいしか信じずに25年間生きてきた訳で、

そもそも、他人に将来を見られてるってのもなんか恥ずかしいし、
もしすごい当たる占い師に
「あなた、芸人やったら成功するわよ」
とか怖いこと言われたら、信じやすい私はもう芸人になるしかないって思っちゃうから、、ねぇ、、?
それに、これからの人生を占うなんてズルしてる気するなぁとか思ってた。

だけど、あまりにも将来が不安すぎる。
私生活も仕事も本当に今は崖っぷちだし
毎日、不安で会社のトイレでお腹下してるような日々はもう嫌だ!!!!!


そんな嫌なことが溜まっても、私はプライド高いというか、人に真面目な話をするのが得意じゃないので、家族とかにも相談できずに、迷っていたところ、、、

友達が占いに行ってきたという話を聞いた。

そりゃいい!私も他人に話を聞いてもらいがてら、アドバイスをもらおう!

的なノリでいこうと決心。

とはいえ、占いに興味持ってくれそうな友達もいないし、聞かれるのも恥ずかしいし、
迷った結果1人で行くことに。

そして仙台でめちゃめちゃ当たると有名な某占い師の元へ。

占い師がいるというビルの下には喫煙所があり、そこの喫煙所はよく利用していたけれど、そこがまさかあの有名な占いだとは、今まで一度も意識したことなかった。。

とりあえず、心を落ち着かせるために
いつもの場所で、いつもの一服。

よし!行くぞと階段を登り、ビルの最上階の
ドアを開けると
あったかい部屋の手前に椅子が5脚。
座ってる女子高生ぐらいの若い子が2グループぐらい待っていた。

奥には、おばさん?おばあさん?(失礼)のような占い師と、これまた2人できてる若い子がいて、仕切りもなにもないので丸見えだった。



「とんでもねぇとこにきちまった」



最初の感情はこれだった。
自分より若い子ばっかりだし、1人で来てるし、丸見えだし、とりあえず空いている椅子に座って、電話がきたフリでもして、すぐ出ようと思ってた。

でも、せっかくきたし、噂によるといつも混んでて、占ってもらうのに3時間待ってる人もいるという。
たまたまその日は30分ぐらい待てば見てもらえそうな人数だし、このまま俯いたまま時間が過ぎるのを待って、見てもらうことに。

「私、23歳で結婚したいんです」
「運命の人とはいつ会えますか」
「付き合ってはないけど、遊んでる人がいて〜」

なんていう、夢いっぱいの他人のお悩み相談を聞きながら、着々と占いが進められていくとこを見てた。

占い師の人は、やんわりとしていて、否定的なことは言わず、的確な恋愛アドバイザーとして、女子高生たちの相談に乗っていた


学生の時の保健室のような感じだった。


あったかい部屋で、授業サボりながら友達と保健室の先生と、あの子があの人が
ああでもないこうでもないって言う感じだった。会話も丸聞こえだし。1人でノスタルジックになった。


なんやかんやして、自分の番が回ってきた。


緊張と、ずっと座ってたせいか、立ち上がった瞬間よろけて、占い師さんに心配された。

気を取り直して、よし!占うぞ〜!と。

よし、あの女子高生達に続いてまず恋愛のことを聞こうと。

「今の彼氏と結婚するべきですか?」

と聞き、自分の生年月日と彼の生年月日を告げると占い師は徐ろにタロットカードをシャッフルしはじめた。

わしゃわしゃ
しゃしゃしゃ

と響き渡るカードの音

「あれ?私なにしてるんだろう…
占い師さんのこの仕草…
もしかして、ドンジャラ
ドンジャラドラえもんドンジャラ…」

などの訳の分からない思考をしてる間に
ドンジャラさながら、混ぜられたカードから6枚を選択した。

占い師さんは、カードを見つめた後こう告げた

彼との相性は悪くはないけど、絶対に分かり合えない部分がある。お互いを認め合わないと上手くはいかない。彼は少し目立ちたがり屋だし、あなたはそれを理解できないかもしれないけど、無理に辞めさせたらダメとのこと。

これは、私と彼にしか分からないけど、とても当たってると言えるような気がする。

私が引いたカードが、不安・寂しい・落ち着き

と言う点に関しても納得の結果だった。
25.26.27歳で結婚できるとの結果だったので、
今の彼と、どうこうってことよりもそれが聞けてまず一安心。あとはなるようにしかならないし。

次に仕事のことを占ってもらったが、
結果的に、山羊座は12年に一度のラッキーな年だから、なんでも上手くいくとのこと。

そんなん、しいたけ占いにも書いてたわ!!!

とか思いつつも、その後は的確なアドバイスをいただきました。
親とか上司ではなく、何を相談しても大丈夫な他人という大人の人に、
アドバイスをいただけるってのは、なかなかない機会だったから、占いの結果ではなく、
それが良かったかなと。

もちろん、要所要所で
なんでそんなこと分かるの??

みたいなこともあって、私のことを昔から見てくれてるような安心感があって、話してるとスッキリした気もします。


信じる信じないは別として
私みたいに、ぼっち系の人はいいいかなと。

でも、占いは占いでしかないので
結局は自分次第だと思うけど。

私なんて、占ってもらった癖に、この日記書くまで忘れてたし、それぐらいの気持ちでいかないと
変な宗教とかハマっちゃうからね、、、あはは、、、

それにしても、異次元だったな。
いい経験だった。


あー、書いてたら眠くなった。
明日も明後日も、コロナウイルス に負けることなく仕事なので

おやすみなさい。

今年、年末感なくない?

広告代理店の仕事は、とっても素晴らしい仕事だと3年経った今でも、変わらない。

たった3年で何が分かる?と思われるかもしれないけど、私には長い長い3年。

この仕事のいいところは、広告を見た人を感動させることができるし、考え方や、意識、行動だって変えることができる。まぁ、それは稀だけど。

でも、何より自分の携わったものが、より多くの人に形として残っていくのがやりがいでもあのかもしれないなぁと私は思ってます。

そんな素晴らしい仕事について、会社では若いうちから貴重な経験をさせてもらってる方だと思う。突拍子もないところから、入れてくれた会社も感謝でしかないし。

でも、やればやるほど、仕事が増えれば増えるほど、私には向いてないなぁと思っちゃう。
大っきなミスとかしたことないけど、大して楽しくもない。

もうドロンしたい。

なんなら、今暮らしてるアパートに置いてあるもの全て置いてもう地元に帰りたい。地元じゃなければ東京でもいい。どこでもいい。

置いていっていいくらいどうでもいいものを大事に抱きかかえて一体私は何になりたいんでしょう…

そんなことを考えてたお正月。
ハッピーニューイヤー。2020年。

餅食って寝る。

もう今年終わるよ


また放置してたわ!!!!しかも一年くらい!!
正直言うと、もはやこのブログを開設してたのを忘れてた。
ってか、そもそもなんで、ブログなんて柄にもなくやってるのか分からない。1年に一回ぐらしか更新してないし、ほぼ見てる人なんていない。1つの記事で15人くらい。
更新しても、しょうもない会社の愚痴をつらつらと書いてるだけなのに。
もし、このブログを定期的にチェックしてる人がいるのならば、そいつはめっちゃくっちゃ暇に違いない。暇で暇で暇で仕方なく、タイムラインかなんかに出てきて仕方なく読んでる可能性が高い。
ブログ紹介にOLとか、書いたから、恋愛・化粧・etc…なんかを期待しているならお門違いだぞ。誰がそんなこと書くかばかたれ。ここにそんなキラキラしたものは一切ないぞ。
暇人!こんな生産性のないブログなんて読んでないで今すぐ寝ろ!!と言ってやりたい。

そして、そんなに書くことはほぼないと思うけど、気が向いたら見てくれてると本当は嬉しい。誰かに話を聞いてもらってる気がするから。
知り合いが見ているならほんと今すぐ消してください。うまい焼肉屋奢るので


まぁ、いいや、記録としてまた思い出した時に書くとします。


最近の私はというと、めっきり動かなくなった。

去年までは、土日休みは絶対に、地元である仙台に金曜の夜に帰り、帰ったら帰ったで、大学時代の友達やら高校時代の友達やらと夜中まで飲んだり、ジョイフルでゲームしたり、大学の延長みたいな生活をしていた。
金・土とフルで遊び、日曜の夜にヘトヘトになりながら帰り、次の月曜日はもう、ほぼ空気のような生活を2年くらい続けていた訳ですが、今もなおその生活が理想的なんですが、

もうだめだ、体が動かない。

まじで動かない。起きれない。肩と腰が痛い。


社会人になると、体が重くなるとは聞いたものの25歳でこんなに体が重くなるとは…

土日も、昼まで寝るなんてことはまったくなかったが、今日も13時過ぎまで寝て、ステーキガストいってご飯食べただけ。圧倒的に活動量が減ってしまった。
おまけに、基礎代謝も悪くなり、太った。
正確にいうと、体重は変わらないが、変な肉のつき方をしてしまって、脚の付け根、手の付け根、胸に脂肪がいったために、もうあれだね、完全に土偶になってしまった。泣ける。まじ土偶です今。

こんなはずではなかった。

私の描いた25歳では、ネイルばっちり、髪の毛はパンテーンのCMのようにサラサラ、品のある化粧に、スリムな体型、そしてそれに似合うようなワンピースなどを着て、マンションの5階くらいに住み、「ココア」などのかわいらしい名前を付けたトイプードルなどを飼い、仕事は定時で上がり、ジムに通っているはずだったのに…!!!!

今の私土偶なんだけど!?

おい。

みんなは理想の大人になれてるかい…


次、このブログを書く時までにせめてこの状況から脱却したい…いや、する!じゃなければ私に未来はない…見てろよ〜〜〜!!!




また、どうでもいいことを書いてしまったけど、もう眠いし書くこともないから寝る。

明日もまた、師走の忙しさを乗り越えないといけないので。

ほらね

言った通りじゃ〜〜〜ん

 

日記ほんと続かないわ

 

かれこれ半年ぐらい放置して復活しました。

あけましておめでとうございます。どうも。

 

 

だーれも見てないからなこのブログやる気なくすんだよな、そもそも人に見せられるレベルじゃないから仕方ないけど

 

この半年間、色々あってこのブログでぶちまけたいことたくさんあったはずなんだけど大体忘れたから、土日の日記かこうっと!

 

 

土日は、またまた地元に帰りました。

もう週末必ず帰ってるね。最近車で帰るんだけど、いやーもうつらいつらい。

今の家から実家まで高速使えば2時間で帰れるけど、貧乏性発動して下道で帰るから行きは3時間ぐらいで耐えれるけど、こっちに戻ってくるとき4時間もかかったよ!?

 

 

 

 

え!?それってもしかして、飛行機だったら台湾ぐらいまでいけちゃう!?

高速乗ったらディズニーまでいけちゃう!?

 

って感じだから時間無駄にした感すごい。

 

一生懸命帰っても、みんなから

「あ、来たんだ、、、」みたいな反応ね、

 

悲しいです。もっとレア感が欲しいです。

 

 

何はともあれ日々まぁまぁ楽しいです。仕事も落ち着いてきたし、だいたいのことが順調。

 

強いて言うなら、私、2年前ぐらいに奥歯が虫歯になって銀歯が2つならんでるんだけど、その銀歯と銀歯の間に食べ物が挟まって痛いです。痛すぎて泣いちゃうくらい。

 

硬い肉とか、絶対だめ。豚バラとか。

あとハッピーターンもだめ。

 

今日マックのポテトの少し硬めのとこ食べたら、しばらく挟まってて、頭抱えました。

 

 

歯が悪いとなんにも美味しく感じない。くそったれ!!

 

虫歯になりやすいからな、気をつけないと。

 

90歳ぐらいになっても年金でおいしいもの食って死にたいもんね、歳とってスタミナ太郎とか行きたいもんね。あれは美味しくないけどね。

早く歯医者行かないとなー。私が通ってる歯医者さん先生おかまなんだよなきっと。いい人だけど。しかも夜の22時までやってる。社畜の私でも安心して予約とれる。ありがたい。

 

あれ、、、

 

また、どーでもいい話しちゃった。

 

 

 

 

なんか気が向いたらまた書こうかな。この半年の間に携帯替えて、このブログ古いほうで書いてるから、すごくやりにくいけどね。日々の鬱憤を誰もいないところでこのブログに綴ろうかな。サンドバッグ的なね。

 

 

 

はぁー、寝よ。玉木宏の夢でもみたいな。おやすみ。

 

 

世の中だいたい不平等なんだから仕方ないと思え!

 

少し前の話をすると二十歳のとき、1月12日の私の誕生日はちょうど成人式の次の日でした。

 

成人式が終わって、中学のときの同窓会の時、私の誕生日をしっかり覚えててくれた、バレー部の友達がせこせこと準備をしてくれて、少し早めのお祝いをしてくれました。

 

ケーキのサプライズと、そこにいた同級生みんなからバースデーソングを歌ってもらってお祝いしてもらいました。今思い出しても、泣けるぐらい幸せ。

二次会では、バレー部の親友の子たちが準備してくれたアルバムもらって、ほんとに幸せだった!幸せ者ってこうゆうことなんだと思った。

きっと、こんなに最高なお誕生日は二度とないです。それくらい今でも感激するくらい最高な誕生日を迎えました。

 

 

そのあと、飲み会から抜け出して、大事な人にあったんだけど、

おめでとうも言ってもらえずただただ、理不尽に機嫌が悪くて、一気に冷めた二十歳の誕生日になったことがあった。って話なんだけど、

 

タイミングってのは大事なことで、

私は、あの日二十歳の誕生日、1月12日に、好きな人に会ったら1番最初におめでとうって言われるもんだと思ってたし、言われたかったな。って。

まぁ、過去のことを愚痴愚痴しても仕方ないことなんだけど、私の生きる上での教訓にしたいと思った。

タイミングは、まじで大事だと。

もし、私にもかけがえのない人とか、子供とかできたら、どんなに嫌なことがあった日でも

誕生日ぐらいは全力でお祝いしてあげたいな〜

それくらいの余裕は欲しいなと。

 

まぁ、今更どうでもいいし、だからなんだよ。って話だけどね。

 

理不尽だよな〜。

私なんも悪いことしてないのに。

 

って思った3年前。

 

今は、社会に出て、顔が可愛い子は仕事もできると思われるし、友達もたくさんできるし、ほんっと

不平等だな〜〜〜

 

って、思います。

 

仕方ないよな。

 

仕方ないのよな。

 

オチがない終わり方。