さとうの日記

主に音楽、食べ物、日常をかくごくごく普通の日記です。

 

しんどかった、嘘ついてることの方がずっとずっとしんどくて

 

いつまでも、引きずってこのまま突き通して信じられてるほうがよっぽど寂しくて

 

酔った勢いで言って、泣いてぐしゃくじゃになりながら泣きながら

 

つらい!つらい!つらい!

 

って倒れ込んだのが私のほんとうの心の中のずっと思ってた気持ちだったのかな。

 

怒られも泣いてもくれなくて、ただただ笑顔で、でも許してはくれなくて恐怖で、でも大好きでどうしても、ぜったいに離れたくなくて

 

でも、傷つけることをすると、自分も傷ついてぼろぼろになってばらばら

で、気持ち悪くて吐きたくても吐かなくて、泣いてるのに爆笑してた、本当に自分が怖かった昨日は。

 

言えて幸せ。すっきりしたとかそんな甘ったれたことじゃなくて、もう、嘘つかなくていいんだね。

 

 

あの街まで

 

このままじゃだめだ!!

と思って、きのうのご飯の誘いを佐川急便のせいにして、嘘をついて断って、

 

でも、今日になったら誰かに会いたくて寂しくて誰でもいいから!!

 

って思った瞬間にはLINE打ってました。

 

ほんとクズ人間だ〜〜〜。

 

けど、「今日は外出してて、遅くなるから会えない」って、ほんのり分かる嘘と遠回しに会いたくないってことを伝えられたら

もっともっと寂しくなって、どうしようもなくなったから一人で夜お散歩しました。

夜の一人の散歩はきのこ帝国のクロノスタシスがぴったりで、ナンバーワンだと思ってたけど、DIALUCKの曲もかなり、あって今日付けでナンバーワンになりました。

お風呂に入った後だったからとっても気持ちよかった!

いつもは車で移動すること多いけど、歩くのすごく好き。

良い音楽と、街灯の光と、音楽で目が回りそうになりました。

 

満足したし、よし!帰ろう!ってとこで彼氏から電話がきました。

なんだか、寂しい気持ちを悟られたような気がして嬉しくなったよ。わかってくれた!って気になれた。

 

でも、ずーーっと自分のことばっかり。

仕事の話も友達の愚痴もぜんぶ自分のこと。

途中から辛くなってきて最後は私が怒って電話切っちゃいました。

 

こんなつもりじゃなかったのにな〜

 

誰かにあいたいです。寂しい感情を全部まるっと無くしたいだけなんだよな。

誰でもいいよ。もう、もう誰でもいい。

私のこと好きでも好きじゃなくてもいいからさ。

 

明日の夜会う予定だったのにな。

世の中だいたい不平等なんだから仕方ないと思え!

 

少し前の話をすると二十歳のとき、1月12日の私の誕生日はちょうど成人式の次の日でした。

 

成人式が終わって、中学のときの同窓会の一次会のときに、私の誕生日をしっかり覚えててくれた、バレー部の友達と、しっかり覚えててくれた中学のときの元カレが、せこせこと準備をしてくれて、少し早めのお祝いをしてくれました。

ケーキのプレゼントと、同級生みんなからバースデーソングを歌ってもらってお祝いしてもらいました。二次会では、バレー部の親友の子たちが準備してくれたアルバムもらって、泣くぐらい嬉しかった。

きっと、こんなに最高なお誕生日は二度とないです。それくらい今でも感激するくらい最高な誕生日を迎えました。

 

 

そのあとね、彼氏も同窓会にでてて、二次会まで時間あるから少しあったんだよ。

そしたらさ、彼氏は地元が大嫌いだからその嫌いなテンションのままきて、おめでとうも言ってもらえずただただ、理不尽に機嫌が悪くて、一気に冷めた二十歳の誕生日になったことがあった。って話なんだけど、

 

どんなに、好きな人でもめでたい日でもタイミングってのは大事なことで、

私は、あの日二十歳の誕生日、1月12日に、好きな人に会ったら1番最初におめでとうって言われるもんだと思ってたし、言われたかったな。って。

 

まぁ、今更どうでもいいし、だからなんだよ。って話だけどね。

 

理不尽だよな〜。

私なんも悪いことしてないのに。

 

って思った3年前。

 

今は、社会に出て、顔が可愛い子は仕事もできると思われるし、友達もたくさんできるし、ほんっと

不平等だな〜〜〜

 

って、思います。

 

仕方ねぇよな。

 

仕方ねぇんだよな。

 

 

 

 

小松菜奈には当然なれない。

 

小松菜奈に、とっても憧れている。

 

私は、昔からひとくせある女優が大好きなんです。

 

女優の中で王として君臨してるのが、

大好きな大好きな

 

蒼井優さま!!!

 

この人の全てが好きでたまらないです。

百万円と苦虫女っていう映画見たときから、結婚するならこの女優だ!!

って思うくらい、素敵に思えるんです。

 

そして、次は宮崎あおい二階堂ふみ、って感じで、

個性的で、演技がうまくて、そして、何よりも

 

サブカルより

 

な女優が好きなんです。といっても、門脇麦 とか安藤サクラまではいかないけどね。

で、最近は小松菜奈に憧れてます。

ネバヤンのPVも、サチモス×BEAMSの今夜はブギーバッグのPVもとっても可愛かった。そして、美しかった。なに食べたらあんな可愛くなるんだ。

 

 

で、画像を漁ってるうちになにが良いかって思ってたら、まず目!!!

三白眼!!!あの、だるそうなのに人を魅了するあの目が好き!

決してトリンドルみたいな大きい目ではないんだけど、かっこよくて、怪しげな目がとっても好きだ。

あとは、雰囲気。顔ってより、おしゃれな雰囲気が好き。横浜でもきっと絵になるし、京都でも絵になりそうだよね、すごく良いと思います。

 

そこで、顔はどうにも似せれないけど、髪型はせめて、、

と思って、私は黒髪のセミロングの前髪はぱっつんを斜めに分けてたんだけど、思い切って、ぱっつんにしました。

 

 

そして、、、

 

 

 

 

 

失敗。

 

左右を揃えるのに失敗し、前髪の端っこのとこが、左が短くなってどうにもならなくなってしまった。

 

泣きたい。泣きそう。

 

このまま、後ろの前髪じゃない髪を前に持ってきて、切っても良かったんだけど、

そうすると、前髪の幅が広すぎて、少し髪の伸びたデッカちゃんのような感じになりそうだったのでやめました。

 

こんなことなら、美容室で切れば良かった。

 

前髪くらい自分でできるっしょ!

って軽く見てた2時間前の私を殺したいです。

 

小松菜奈には、当然なれなかったし、まず顔違うから、前髪成功してたとしても、あれ?なんか違くない?ってなったはず、、まず骨格から変えていかないとだめだよね、、

 

早く髪の毛伸びないかなーーー。

 

 

 

バンドマン達よ。

 

なんだろう、

 

私は強運の甲斐があって、就きたかった仕事に就くことができたし、それもまぁまぁ楽しい。大企業じゃないけど、ある程度会社にも慣れた。

人間関係に関してもまったく問題ない。

お給料も良くはないけど、一人で暮して、たまに贅沢できる分くらいはある。

 

 

離れた友達とも疎遠にはなってないし、引っ越してから友達も少しできた。

夜中に付き合ってくれる人もいるし、今年の夏は大学生に戻ったみたいに、花火したり、夜中ふらふらになるまでお酒を飲んだ。すごく楽しかった。

 

恋人もいる。遠距離だけど月に何回か会えるし、離れててもずっと好きでいてくれて、安心する。私もずっと好きでいれる。喧嘩もしばらくしてない。

 

家族とも仲が良いし、すごく愛されてるし、私も家族が大好きで、たまに帰った時は大好きなエビチリをお腹いっぱいになるまで食べさせてくれる。父も母も兄も健康だし、きっと元気でやってる。

 

SNSで私の悪口を書いているあの娘よりは、私の方がずっとずっとまともだし、ネガティブじゃないと思う。

 

 

きっと、たぶん普通に普通で、みんなに羨ましいとは思われないけど、私は、私なりの生活を送ってる。引っ越してから、寂しいって思うこともあるけど、なんとかギリギリのラインで、また起き上がって、1日を乗り越えて、少しの楽しみと持ち前のポジティブで頑張ってる。

 

だけどなんか、

 

満たされないな。

 

 

資料をまとめてるときは、どっかふらっと遠くに行きたくなるし、恋人と抱き合ってるときは肩越しに月見ちゃったり上の空だし、友達には笑ってても嘘ばっかりついちゃう。

 

なんでも、あるけどなんにもないんだよな

 

そんなとき、THEラブ人間の「おとなになんかならなくていいのに」って曲を聞きました。

 

金田さんの作る歌は、全部ほんとうだし、きったないことも、どうしようもないことも、綺麗も、美しも、愛も、恋も、全部まとめて、無理やりにまとめて、歌ってるから、綺麗事だけ言うような薄っぺらな歌詞より、グッときます。

あぁ、私が思ってること、思ってたことラブ人間が全部歌にして、どろどろに浄化していった気がしました。良い音楽だな。

 

 

 

ちらちらSNSで、yoggiと大森靖子闘ってるね。

 

バンドマンなんだからさ、お互い足引っ張ってないで、良い歌作って聞かせてください。

私みたいなどうしようもない普通の人にぐっとくるような良い曲聞かせてください。

どうか、どうか。お願いです。

 

つまんない日常に、とどめを刺すような曲が聞きたいです。

 

 

 

流星を見た。

 

昨日、星を見に行ったよ。

 

どこにいくか教えてくれなかったから、だんだん街灯が消えて街から離れて山道になってすごく不安だったけど、車に揺られて1時間くらいですっごく綺麗な星を見に行ける場所につきました。

 

いつもは、人がもっといるらしいけど、その日はあいにくの曇りと月の綺麗なあかりのせいで星があんまり見えないから人は2人だけでした。

 

このまま2人でもいいかな?なんて、思っちゃったもんだから、流星が流れた瞬間に

「気のせいでありますように。気のせいでありますように。気のせいでありますように。」

 

って願っておきました。

 

それにしても、星も綺麗だったけど、昨日は月の方が何十倍も輝いてて、でも月が輝きすぎると星の小さい光が薄れて綺麗に見えないんだよ、って話を聞いて、なんだか少し寂しい気持ちになりました。星はとっても深いね。

 

優しい人だな、あぁ、優しいすぎるな、辛いな。

 

この話を誰かにしたいけど、自慢話にかるのも誤解されるのも嫌だからここに書きました。

 

帰りの車の中で、My hair is but の彼氏として

が流れて本当にその通りだなってね。

 

笑っちゃうよ。

 

 

恋とか友達とかよくわかんない

たくさん雨が降ってきて、

「また今度ね」って言って帰ってきました。

 

帰り道、1人で少し泣いてました。

 

傷つけたくないなぁって思う人ほど傷つけてしまうんだな。

 

「じゃあ、また今度ね。」

って、笑ったその顔は好きな人にむけるやつだよ。

私じゃなくてだれかだったらいいのにな