さとうの日記

主に音楽、食べ物、日常をかくごくごく普通の日記です。

お前だれだよ!!!!!!

 

こんばんは。

 

パイレーツオブカリビアンおもしろいな。

ディズニー好きなんすよ。ディズニーっていうか、ディズニーランド、ディズニーシーが好きで、ディズニーの映画みると

 

あぁアトラクション乗りてえええ

 

 

ってなる。

 

そんなことは、どうでもよくて

一人暮らし始めて早3ヶ月目なんだけど、昨日の夜はどうしてもどうしても寂しい感情に苛まれました。

 

彼氏は金曜日で友達と飲んでてLINE帰ってこないし、友達も不定期な休みで電話できないし、もちろん友達近くにいないし

 

やべぇ孤独死する

 

って、若いようなこと思ってました。

そこに救世主のようなアプリが、、、

 

 

斉藤さん

 

 

やばいよね?やばいなー、へんな人きたらやばいなー怖いな普通に

 

でも、誰かとしゃべりたいな

 

寂しいもう一方的に話せばいいかって嘘つけばいいかって思ってインストール。

 

いざ。かけてみるか。

 

一回目

あ!つながった!!!もしもしーー!!!

 

 

トッルルルン。

 

え?切られた?最初の もしもし の4文字で切られた。やべぇ。こえええ。

 

でも、誰かと話すまで私はやめないぞ。

知らない人と話すの冷静に考えて怖くなったから斉藤さんでのルールを決めました。

①架空の人物として話す。

②今の自分とかけ離れた人を演技する

③変な相手は即切る

 

これを心がけて、せんざきという女性、18歳(大学1年生)、趣味は釣り

 

という訳のわからない設定を、つくり尚且つギャル風に話してみました。

 

そして、万全の体制、安全対策をして

 

いざ出陣。

 

 

二回目

私「もしもし」

A「もしもし。ねぇ何歳?」

私(あ、でた年齢そうだ嘘つかなきゃ!嘘つかなきゃ)

私「さ、、さ、っ35歳」

A「…」

トッルルルン

 

 

 

 

そりゃそうだわ。

嘘つきすぎたよな。35歳(女)で斉藤さんやってる時点で相当やばいし、しかもギャル普通に考えて怖いよな。

Aさんあんたは間違ってないよ。

 

念入りに計画立てた割に意味の分かんない嘘つきました。

でも、話すまでは終われないし終わらないし。少し楽しくなってきました。

 

さぁ、仕切り直して3回目。

 

3回目

私「もしもし?」

A「もしもし。こんばんわ」

私「こんばんわ。」

A「今なにしてんの?」

私「いま?寝てるよ」

A「ねぇ、エッチなこと好き?」

私(うわぁ!でた!!斉藤さんでよく聞く危険人物だ!!!!あぶねぇ!でも、話したいから嘘つくか。ってかおもしろいから嘘ついてみるか。)

私「うん。好きぃ」

A「そうなんだエッチだね。」

私(きめめめええええええええ滅びろ)

A「いま学生?」

私「うん。学生。1年生。」

A「そうなんだ。学校どんな感じ?」

私「うーーーーん。つ、釣りの学校」

私(やべぇ、設定決めすぎて趣味の釣りと、大学生まじった。やっべ)

A「え?釣りの学校!??初めて聞いたどんなことするの?」

私「うーーん。普通に糸のかけ方とかかな?」

A「え、すごいね!!そんなことするのか!!!実践的なかんじ?海とか行くの?え、もしかして、釣具とかも作れるの?」

私(やばいやばいやばい。この人めっちゃ食いついてくるやん。でもそうだよね。釣りの学校って、、、)

 

私「うん、そんな感じかな。結構本格的な感じ。まぁ、学校のことはいいから違う話しよ」

A「いいよ。じゃあさ、彼氏いるの?」

私「うん。いるよ。」

A「どんくらい?」

私「3年くらいかな。大学2年のときから付き合ってる。」

A「え!?さっき1年っていったよね?」

私「あ、間違えちゃった☆」

A「なぁ、ほんとは何歳?」

私「………」

A「おーーーいもしもーーし聞こえてますかーーー????」

私「………」

A「トゥルルルン」

 

というわけで、なかなか話せずだるくなったのでやめました。

あと、せんざきという本格的な釣りの学校に通う、大学1年生で22歳の女という、かなり意味不明な人物ができましたとさ。

 

終わり。

 

 

いい暇つぶしになったよ。

怖い思いしてないからだけどね、、。

もう二度とやんねえ!!!!!

嘘は良くない